23年度国土交通大臣表彰

全中建関係者から6名

国土交通省は7月11日、平成23年度建設事業関係功労国土交通大臣表彰の表彰式を行い、211人、5団体に大畠章宏国土交通大臣から表彰状が授与された。

このうち、全中建関係者は石津健光(茨城)、薩川諭(静岡)、木全哲久(愛知)、下田秋吉(愛知)、後藤文好(広島)、横村満昭(鹿児島)の6氏が表彰された。

表彰式には岡本弘全中建会長らが来賓として出席、大畠国交大臣は「長年、建設業や住宅建築業、社会資本関係団体などで尽力いただいた功績を表彰する機会を得て、大きな喜びを感じている。日本は未曽有の国難に直面している。皆さんからも全力の支援をお願いするとともに、災害に強い日本をつくるため全力を挙げたい」と祝辞を述べた。