23年度の設計労務単価は前年度比0.8%減

国土交通省は、平成23年度の公共工事設計労務単価(基準額)を公表した。

それによると全職種全国単純平均の設計労務単価は1万6342円で、前年度比0.8%減となった。主要職種の都道府県における労務単価は上の表のとおり。

なお、同省は設計労務単価と同時に、1級技能士と登録基幹技能者の資格保有者の賃金水準を初めて参考公表した。それによると1級技能士の鉄筋工は、鉄筋工の設計労務単価(全国平均)より3~4%が高いなど、資格保有者の賃金水準が全国平均より高くなっている。