7364人が合格

一級建築士の学科試験

平成20年一級建築士試験「学科の試験」の合格者が九月九日、発表された。合格者数は7364人で、合格率は15.1%であった。

学科の試験は、今年の7月27日、全国59の会場で行われ、4万8651人が受験した。試験の結果、合格基準点である学科Ⅰ(計画)13点、学科Ⅱ(法規)12点、学科Ⅲ(構造)13点、学科Ⅳ(施工)11点、総得点64点のすべてに達している人達が合格した。

試験を実施したのは、国土交通大臣の指定試験機関である建築技術教育普及センター(片山正夫理事長)で、合格者には合格通知書が送付され、不合格者には不合格の旨及び成績が通知される。